インフォネクスト:補助金ニュース20160205

ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金 募集中(4/13迄)

 ものづくり・商業・サービス新展開尾支援補助金とは、国内外のニーズに対応したサービスやものづくりの新事業を創出するため、認定支援機関と連携して、革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセス改善を行う中小企業・小規模事業者の設備投資等を支援することを目的とした補助金です。

ものづくり補助金の申請をお考えの事業者様は、こちらのセミナーにご参加下さい。

【ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金概要】
管轄 経済産業省(中小企業庁)
補助対象者/
補助対象事業
日本国内に本社及び開発拠点を有する中小企業者

【革新的サービス】
(1)「中小サービス事業者の生産性向上のためのガイドライン」で示された方法で行う革新的なサービスの創出・サービス提供プロセスの改善であり、3~5年計画で、「付加価値額」年率3%及び「経常利益」年率1%の向上を達成できる計画であること。
(2)どのように他社と差別化し競争力を強化するかを明記した事業計画を作り、その実効性について認定支援機関により確認されていること。
(3)(高度生産性向上型のみ)「IoT等を用いた設備投資注3.」を行い生産性を向上させ、「投資利益率注4.」5%を達成する計画であること。

【ものづくり技術】
(1)「中小ものづくり高度化法」に基づく特定ものづくり基盤技術を活用した革新的な試作品開発・生産プロセスの改善を行い、生産性を向上させる計画(3~5年計画で「付加価値額」及び「経常利益」の増大を達成する計画)であること。
(2)どのように他社と差別化し競争力を強化するかを明記した事業計画を作り、その実効性について認定支援機関により確認されていること。
(3)(高度生産性向上型のみ)「IoT等を用いた設備投資注3.」を行い生産性を向上させ、「投資利益率注4.」5%を達成する計画であること。

補助対象事業/
補助上限額

【革新的サービス】、【ものづくり技術】の2つの類型があり、それぞれについて「1.一般型」、「2.小規模型」、「3.高度生産性向上型」があります。
(1)一般型 補助上限額:1,000万円(設備投資が必要)
(2)小規模型 補助上限額:500万円(設備投資は任意)
(2)高度生産性向上型 補助上限額:3,000万円(設備投資は任意)

補助対象経費


機械装置費、技術導入費、運搬費、専門家経費
(以下は、小規模型のみ対象です。)
外注加工費、委託費、知的財産権等関連経費、クラウド利用費

助成率 2/3以内
募集期間 受付開始:平成28年2月5日(金)
締切り:平成28年4月13日(水)〔当日消印有効〕
(注)本事業は電子申請がご利用いただけます(3月中旬開始予定)。電子申請の開始及び締切り等については、
中小企業庁が開設した支援ポータルサイト
「ミラサポhttps://www.mirasapo.jp/)
でご確認ください。
全国中小企業団体中央会 http://www.chuokai.or.jp/josei/27mh/koubo1-20160205.html
公募要項URL http://www.tokyochuokai.or.jp/images/tochu/27mono/27hosei-mono-kouboyouryou.28.2.5.pdf

 【参考】 ものづくり補助金申請WEB講座(平成26年度補正)

ものづくり補助金の申請をお考えの事業者様は、こちらのセミナーにご参加下さい。